■2stスクーターの改造箇所一覧

全てを行う事がスーパー原付スクーターになる事にはなりません。得に2サイクルスクーターはバランスが重要なファクターです。バランスが崩れると、逆に性能は悪化しますし無駄な出費・労力をかける事となります。

改造に着手する前に、自分は何を求めているか?(最高速?低速のトルク&信号スタートでの速さ?見た目?改造満足感?)を整理してチョイスいましょう。それがベターな選択です・・・・


 何がどのぐらい良くなるのか?それはバランスにもよりますのであくまでも目安と考えてください。


ボアアップキット●ボアアップ(加速・最高速アップ 10キロぐらい?)

50ccを62~69ccぐらいにするキットが販売されています。

ボアアップすると加速が爆発的に向上し、最高速も伸びます。

しかし、キャブのセッティングやプラグの変更、ならし運転などが必要であり、ただのキット交換ではすみません。

又、原付ではなくなるので原付免許ではのれません。ボアアップキット相場(9,800円~30,000円)


●ポート加工+ヘッド面研磨(加速・最高速アップ)※2サイクルのみ

シリンダーの吸気ポートと排気ポートを加工して、吸排気を効率良くし、エンジン自体を高回転型にします。部品代は必要なく加工の為の工具が必要となります。うまく加工出来ればボアアップ以上の性能が期待できます。


 チャンバー●チャンバー(最高速アップ 10キロぐらい?) チャンバーの基本的な特性は高回転域での抜けが良くなり最高速が伸びる事です。

しかしながら数多く販売されており性能の変化はメーカーにより異なります。
事前にインプレッション等を確認して購入しましょう。


市販品相場(10,000円~30,000円)

 

 


ビッグキャブ●ビッグキャブ(加速アップ)

吸気口がノーマルより大きいキャブであり吸気効率が上昇し、(吸気音も大きくなります。)加速が向上します。

市販品相場(12,000円~26,000円)

 


ビッグリードバルブ●ビッグリードバルブ(加速アップ)
 

ビッグキャブ同様、吸気効率が上昇し、(吸気音も大きくなります。)加速が向上します。

市販品相場(4,800円~8,000円)

 


パワーフィルター●パワーフィルター(高回転域が良くなる)

キャブの設定が必要な事、爆音である事を除けば高回転域で伸びを得られるでしょう。

市販品相場(1,500円~3,000円)


CDI●リミッターカット(最高速アップ 5キロぐらい?)

原付スクーターにはCDIという点火時期を制御する部品があり、ここで60km以上出ないように制御しています。

部品というよりは制御の為にのプログラムであり、これを交換する事により60kmの制御を外すことにより最高速が向上します。

市販品相場(4,500円~15,000円


●プーリーとウェイトローラー交換(最高速アップ 5キロぐらい?)

ウェイトローラープーリーとは、無段変速機の事であり、これを交換してギヤ比を上げて最高速を向上させます。

ウェイトローラーとはプーリーの中に入ってて円心力で変速させる重り言い、これを軽い物に替えて加速をアップさせます。

プーリー市販品相場(3,000円~9,000円)
ウェイトローラー市販品相場(900円~2,600円)


ハイギヤ●ハイギヤ(最高速アップ 3キロぐらい?)

ボアアップやチャンバー交換により出力が増した場合に交換してみましょう。加速は若干落ちますが最高速は気持ち向上します。

市販品相場(5,400円~17,000円)

 

Update 2016/05/01  Create 2010/10/10

 

 

関連記事


バイクの修理代金・工賃一覧表
以下は”バイク 工賃表”で検索(上位表示)された工賃をサマリーした物です。金額にばらつきがある整備内容もありますが概ねスクーターの工賃相場表になりえるでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 
    スクーター 4st_Mini  故障診断 コラム サイトマップ

このページの先頭へ